NHK問題を考える奈良の会 ~「NHK問題を考える奈良の会」はNHKの自主・自立を守り発展させていく運動を一層広げていくために、多くの視聴者、市民の皆様の賛同・ご加入を訴え、籾井会長の罷免・辞任要求の運動などに取り組んでいます。~

併合第10口頭弁論が10月1日(月)に行われました。

被告NHKは、これまでの口頭弁論で原告弁護団及び裁判官から回答・陳述を求められていたにも関わらず、今回も一切陳述をしませんでした。 原告らは、これまで、民事訴訟としてNHKの放送法遵守義務の確認請求、損害賠償請求をしてきましたが、新たに、行政事件訴訟法第4条に基づき「当事者訴訟」として、被告NHKが…

「放送法遵守義務確認請求裁判」の公正な判断を求める要請決議を奈良地裁に提出

8月21日 標記要請決議を奈良地裁担当書記官に手渡し懇談をしました。 「放送法遵守義務確認請求裁判」は国民救援会の支援事件に指定され、標記要請決議は、7月21日~7月23日に開催されました日本国民救援会第59回全国大会において決議されたものです。日本国民救援会奈良県本部が奈良地裁に提出するに当たり、…

奈良NHK裁判の公正な判断を求める決議要請 ~国民救援会全国大会にて~

日本国民救援会第59回全国大会にて、「放送法遵守義務確認請求裁判」の公正な判断を求める要請決議がされました。 7月21日~23日大津市で開催された標記大会において、日本国民救援会奈良県本部及びNHK問題を考える奈良の会が標記決議(案)を共同で提案し、承認されました。 近く、「日本国民救援会第59回全…

小滝 一志(放送を語る会事務局長)さん講演会が併合第9回口頭弁論報告会のあと開催

小滝 一志(放送を語る会事務局長)さんの講演会が、併合第9回口頭弁論報告会のあと行われました。テーマは「NHKの森友・加計問題報道」。 NHK内で森友問題を伝える際には、次のことが上から指示されているという内 部告発を検証する視点で、NHKと民放(報道ステーション、NEWS23)のニュー ス報道をモ…

併合第9回口頭弁論が7月9日(月)行われました

併合第9回口頭弁論が7月9日(月)行われました。 従来三つの裁判が並行して行われてきましたが、今回併合されて最初の口頭弁論でした。原告弁護団長が意見陳述をし、次の主張を行いました。 放送受信契約は有償双務契約である。 被告NHKが放送法第4条などに違反した内容の番組を放送した場合、債務不履行責任とし…

6月20日、NHK裁判原告交流会を開催

NHK裁判原告交流会を開催しました。 2016年7月に奈良地裁に提訴した「放送法遵守義務確認裁判」は、その後の3次に わたる集団訴訟により、原告は126人となりました。 原告以外の方々で関心のある人々にも参加していただき弁護士含め10名で交流会を2018年6月20日に開催しました。 出されましたな意…

6月13日、2018年度総会を開催しました

2018年度総会を開催しました。 6月13日、奈良県教育会館4F大会議室にて31名の参加で開催しました。 2017年度の活動報告、会計報告を行い、2018年度の活動計画案、予算案を提案・審 議し原案どおり承認されました。 規約第5条役員体制に関して、「代表者1名を置く → 共同代表を複数名置く」と改…

6月13日、鵜飼 哲さんの講演会を開催

鵜飼 哲さんの講演会を開催しました。 6月13日総会に先立ち14時から、一橋大学の鵜飼哲特任教授を奈良にお招きし、「東京オリンピックとマスメデイア」と題して講演会を開催しました。(参加者41名)その要旨は次の通りです。 1936年のベルリンオリンピックはヒトラーが「アーリア民族の優秀性と自身の権力を…